お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.133

2016年08月01日

小口 麻弥 <看護師>
ファミリーキャンプ
 

ついに梅雨が明けたと同時に、暑い暑い夏がやってまいりました。 ニュースなどでは早い時期から『今年は猛暑!』などと言われていましたが、その予想は当たってしまうのでしょうか。 暑いのが苦手な私にとって、暑い日々はとっても厳しい・・・。ですが、緑生い茂るこの季節は、大好きな季節でもあります。 夏といえば、子供たちは夏休み!! 毎年この時期になると「ディズニーランドに連れて行ってぇ~」、「ユニバーサルスタジオは??」「海、海、海、海!!!」なんて日々せがまれます。 子供たちの思いを優先して連れて行ってあげたいのはやまやまですが、「こんな暑い中、わざわざ暑い所に行きたくない」と、言うのが私の正直な気持ちでありまして・・・。 そんな中、昨年の夏に姉家族からキャンプに誘われました。

キャンプと言えば山!山はそれほど暑くはないし、人混みもない、緑も生い茂っている。そして何よりもキャンプは、自然の中で非日常を楽しむレジャー。子供たちに色々な体験をさせることができ、良い思い出づくりにもなるのではないかと思い、姉家族と共にキャンプへ行くことにしました。

 

実はそのキャンプ、私たち家族にとって初めてのキャンプなのです。まずはテントから始まり、寝袋、キッチン台、ライトなどなど、わけもわからず一通り買い揃え、気づけば大きな出費に・・・。でも、大きな出費は初めだけと我慢我慢!! そしていよいよキャンプ当日。キャンプ場に着いてみると天気も良く、姉たちが予約してくれたオートキャンプ場も、とても良い環境でした。 テント建ても初めての体験でしたが、子供と一緒に悩み、考えながら建てていき、家族全員で力を合わせて無事に建ちました。 食事作りは普段と違い、野外で料理をするのは少し大変な事もありましたが、夕食も美味しく仕上がり、家族みんなで楽しく食べる事ができました。 子供たちも普段のようにTVゲームをしたりするのではなく、大自然の中を走り回り、その中で出来る遊びを見つけ、楽しく過ごす事ができ、とても充実した2日間となりました。 初めての事ばかりで戸惑う事もたくさんありましたが、このキャンプを通して、家族みんなで悩んだり、考えたり、協力し合う事で、自然とコミュニケーションも増え、家族の絆が深まった様にも思います。 また子供たちも、自然の中で遊ぶこと、寝泊まりすること、アウトドアクッキングをすることなど、初めてなこと尽くしで、ドキドキ、ワクワクな体験をして良い刺激となり、良い成長にも繋がったように思いました。 今年の夏も、姉家族と共に、オートキャンプへと出かける予定です。今年は、キャンプの中に釣りなどを取り入れ、自分たちで獲った魚を自分たちで焼いて食べるなどの体験も加えて、昨年より一歩進んだものにしたいなぁと考えています。 まだまだキャンプに初心者な私たちですが、家族みんなで協力して楽しく過ごし、回数の重ねる毎にキャンプベテラン家族になれたら良いなぁと思っています。 最近のキャンプ場ではキャンプ用品を持っていかなくても一式借りられ、食材もその場で揃えてくれる施設も多いようで、その手軽さからファミリーキャンプの人気も高まっているようです。また、キャンプ場施設内に温泉が完備されていたり、子供が遊べるツリーハウスがあったりと、充実した施設も増えています。

ぜひ、たくさんの家族にファミリーキャンプを体験してもらい、家族の絆をより一層深めてもらえればと思います。

Baby写真館 あおぞらトピックス