お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.135

2016年10月01日

竹内 葉月 <看護師>
気持ちは晴れやかに
 

秋の長雨とは言いますが、「長すぎるだろ~!」と突っ込みたくなるほど九月はお日様にお目にかかる日が少なかったですね。

お子さんの運動会に気をもんだお母さん方も多かったのではないでしょうか。

以前聞いた話では日照時間が少ないとうつ病の発症率が増えるとか・・・農作物にも影響が出て野菜など食料品も値上がりするし・・・ 水不足も困りますがやっぱりスカッと晴れている方が元気も出るし気分も良いですよね。」

そんな悪天候の中、ちょっとした出来事がありました。

「晴れたらでいいか~」と溜めに溜めた洗濯物、続く悪天候にいよいよ在庫(下着など)が品薄となり一念発起?仕方なく洗濯をすることに・・・いざ洗ってみたものの、いつになく大量で自宅の乾燥機では夜までに乾かしきれない!ということで近所のコインランドリーの大きな乾燥機を利用しようと思いついたのです。

一時間程の料金を投入して買い物に出掛け戻ると私の使用した乾燥機は空になっていました。「終了していたから出されちゃったのかな?」なんて思って周囲にある備え付けのカゴを確認してみたのです。が、どうしたって「無い・・・!丸ごと無い・・・!」

数枚ではなくあの大量の洗濯物が忽然と無くなってしまったのです。「こんなことってあるのか~?!」頭の中が白くなりましたが「誰か間違えて持って行ったのかな?」そう思ってしばらく待ってみることに。

一時間半位でしょうか 肌寒く待つのもだんだん嫌になってきた私に併設されたクリーニング店の店員さんが話しかけてきました。「このようなことは今まで一度もありません。当店では責任は負いかねますが、一応盗難事件として警察を呼びます」 何かカチン!ときた私「そうですか!そうしてください!」 売り言葉に買い言葉そんな感じになってしまいました

しばらくして警察官が来たのですが、私が想像していた“派出所のおまわりさんが一人位来る”ではなく刑事さんと思われる方、鑑識?と思われる方、制服の違うメンバーで5人程も来てしまいました・・・

事情聴取?が始まり「防犯カメラあるね」なんて警察の方が口にしていた時、見覚えのあるてんこもりの洗濯物を抱えた年配の女性が登場!女性は何度も何度も謝り、聞けば入院しているおじいさんの所へ向かうのに急いでいたとのこと。

「ああ、私、何やってるのかなぁ」急に空しくなりました。

後一時間待てたら笑って穏便に済んだはず。警察の方に無駄足を踏ませることも無く、クリーニング店の店員さんと嫌な気分になることも無かったはず。その後自宅に帰りこのところの自分を思い返しました。

集合時間を思い違い慌てて出掛け車のサイドバンパーをこする、「ハイ、ハイ」なんて適当に話を聞いていたせいで運動会の日時を聞き違え、姪っ子達をガッカリさせる・・・小さい事ですがいくつも思い当たってしまい何だか嫌な気分。でも落ち込むのは図星だから、全部自分自身せいだなぁと気が付いてしまったからです。身から出た錆。そう、決してお天気のせいだけに出来ない・・・。

この日の出来事がここ最近の自分の反省材料となり、その後イラッとしたり、モヤモヤした気分の時には一呼吸おいて物を言ったり、行動するように努めています。全て上手くはいきませんが(笑)

でも少し引っかかるのはおじいさんの洗濯物と間違えられる私の洗濯物ということでしょうか・・・残念。

 

10月は季節が移ろう素敵な季節。きっと快晴の日が多いはず!気分も穏やかに行楽シーズンを楽しみましょう。

Baby写真館 あおぞらトピックス