お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.159

2018年10月01日

伊藤 克美 <看護師>
母子手帳
 

酷暑となった夏も過ぎ、秋風が心地よい季節となりました。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか・・・

 

先日、亡き母の遺品を整理しながらここ数年開けていない

サイドボードの引き出しを覗くと、27年間前にお世話になった母子手帳が出てきました。

久しぶりに中身を確認すると、当時の様々な記録が目に飛び込んできました。

主は、妊婦健診の記録ですが、血圧値・尿検査・妊婦自身の記録等、読み返すうちに

ジーンとくる物がありました。

子宮底や胸囲までが記録されており、自己管理の甘い?自分がそこにいました(笑)

そもそも母子手帳は、日本生まれで遡ること1948年、当時の厚生省の方々のアイデアで

作成されたようです。

母子手帳も、還暦です!

 

この60年間に、地球上でどのくらいのママ達の手元に、母子手帳が発行されたのかと思うと、気が遠くなる思いでした。

 

当クリニックだけでも開院から、9000冊以上の母子手帳を目にしている事になります。

10000冊になるのも、そう遠くはないかなと感じています。

 

大切なベビーちゃんとママの絆である記録が数字とメッセージとして残され、妊婦・出産・

乳幼児期のオールインワンとも言える母子手帳を、これからも眺められることを密かな

楽しみに、皆さんとお会いできる日をお待ちしています。

Baby写真館 あおぞらトピックス