お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.85

2012年08月01日

森元 恵美 <助産師>
夏休み
 

8月、子ども達が夏休みになり家族でお出かけを考えている方も多い頃かと思います。

私は先日、休日をいただき今年話題の場所へ出かけてきました。そこは今年開業したばかりで、高いところはそれ程好きではないのに完成する前から気になっていた場所でした。
ここまで書くとわかる方もいると思います。そことは『東京スカイツリー』です。

当日はあいにくの曇り空でしたが、上を見上げると634m上までしっかりと見ることができ、もちろん見上げたスカイツリー越しに記念写真も撮りました。スカイツリーの色は“スカイツリーホワイト”という独自のカラ-だそうで、青みがかった白色。色の中でも白は好きな色なだけに気になる色味でした。
350mまでの展望デッキは展望シャトルという名のエレベーターで一気に上がります。これだけの高さを一気に50秒という速さで上がりました。さすがに耳がキーンとなりました。エレベーターが開くと目の前のガラス越しに小さな街並みが見え、天気はいまひとつでも遠くまで見ることができます。始めは恐いという思いもありましたが、すごい!!という思いでテンションも一気に上がりました。展望デッキには下が見れるガラス床があり、落ちないとわかっていながらもその上を歩いた時には高さを感じドキドキしてしまいました。
続いて445mへの展望回廊はまたもエレベーターで移動しました。ここも30秒程で上がります。この時のエレベーターはシースルーになっていて途中で外も見え・・・好きな人にはたまらない光景だと思います。ここからの景色はさらに道路の車が小さく見え不思議な感覚になりました。そこからは展望回廊という名前だけあって、ゆるやかな上りの回廊を歩いて450mまで上がります。最高到達点は451.2mの場所でどの人もこのポイントで記念撮影をしていました。天気のいい日はこの地点からは東京タワーも見えるようです。

一通り展望台を満喫し下りてくると東京ソラマチという商業施設があり、ショッピングやレストラン、水族館やプラネタリウムもあり1日では足りないほど十分に楽しめます。あるお店で売っていた「タワーエビ」という名のエビフライは長さが25㎝くらいあり食べ応え十分でエビフライ好きの私には大満足の一品でした。

ここ最近は子どものようにはしゃぎながら休日を過ごすことはなくなってきていましたが、久々に楽しんだ夏休みのような休日でした。

Baby写真館 あおぞらトピックス