お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.9

2006年07月01日

有賀 麻衣 <事務>
あおぞらとわたし
 

あおぞらレディス&マタニティクリニックもこの7月で2年目を迎えました。
私は、あおぞらで働き始めてから約1年半になります。
医療事務の資格を取得し、社会へ出て働き始めてからは、早3年以上が経ちます。
高校を卒業してから資格をとり、まず就職したのが総合病院でした。

いざ、実際の病院で働いてみると、医療事務という仕事のイメージ・想像とは全く違い、忙しさと覚える事の多さ・・・、勉強してきた事とは全く違う事・・・、毎日が辛く、挫折寸前でした。初めての就職だったという事もあり、辛すぎる仕事にこのまま続けていけれるのかとういう不安。辞めてしまいたいと、何度も考えてしまいました。

しかし、社会は厳しい所。そう簡単には辞められる状況ではなく、私は覚悟を決め、もう少し頑張る事を決意しました。

すると、だんだん忙しさや医療事務という仕事内容にも少しずつ慣れ、自信もつき色々な仕事もこなせる様になりました。そして縁あって、あおぞらレディス&マタニティクリニックで働けることになりました。

もちろんクリニックで働くのは初めてで、総合病院の仕事に慣れていたので少し不安はありましたが、以前の経験を生かす事の出来るところでした。

こうしていい職場に巡り合い働ける事を考えると、以前の2年間はとてもいい経験をしてきたんだなぁ~と実感します。

しかし2年間の経験があるといえ、今現在あおぞらで働いていても日々思うのが、まだまだ勉強不足・経験不足だと実感します。同じ事務職員として働いているスタッフにもたくさん助けられています。勉強不足・経験不足な私をいつもフォローしてくれるリーダーは、尊敬する先輩です。仕事の相談はもちろん、業務の指摘をしてくれたりと、色々とアドバイスやフォローをしてくれます。全てが勉強になり見習おうと常に思います。

私の後輩スタッフは、かなりのしっかり者で私よりも出来ているなぁ~!!と思う仕事っぷりで、私の方が先輩なのにかなり尊敬しています。

こうした環境で、色んな事を吸収したり学んだり出来る職場だと感じます。そして医療事務だけに限らず、その他にも年間行事を主催する仕事にも携わっています。

”スイートプランニング”と呼ばれる委員会です。スイートプランニングでは、当院で出産され、1歳のお誕生日を迎えたお子様のお祝い会の企画や、クリニックを訪れる方々に季節を感じて頂ける院内作り等を行なっています。去年の11月に発足したばかりでまだまだこれからですが、とてもいい社会勉強になっていると同時に、癒しのある暖かいクリニックを目指し頑張っていこうと思います。

私はあおぞらで働くことができて、院長はじめスタッフ皆様にとても感謝しています。これからもあおぞらにはかかせない!と言われる様なスタッフを目標に日々頑張ります☆★☆

Baby写真館 あおぞらトピックス