お問い合わせ・ご予約【完全予約制】

TEL.0266-54-4103

〒392-0015 長野県諏訪市中洲5764-1〈産科・婦人科〉

スタッフコラム

スタッフコラム

スタッフ全員で綴る連載コラム

Vol.200

2022年03月01日

伊藤 克美 <看護師>
寒九の雨

まだまだ寒い日が続いておりますが皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

ふらっと立ち寄った書店で「雨の名前」たる本を見つけ興味をそそられ購入しました。
さして厚みのある本ではありませんが、書いてある全てが文字通り雨に纏わる名前と写真で埋め尽くされていました。
日本という国は遥か昔から農耕民族を主としてきた為、作物の豊作を願ったことから雨は貴重であり、二十四節気とも重なり、人々が雨で吉凶を占ったり雨を頼りに生活があったと。何たる興味深いことかと更に読み進めていくと、雨の名前には諸説あれど四百余りあるということも知り、普段の生活の中では雨=洗濯物という私の貧しい発想は少しだけ雨を横文字にするかのようなsensationでした。

その中でも一番心に残ったものが『寒九の雨』でした。寒九の雨とは一月五日(寒の入り)から数えて九日目に降る雨を指し、この日に雨が降るとその年は温暖で豊作が期待できるのだとか。また東北地方ではこの日の雨を薬としたとの記述文献もあったと・・・。
因みに私の記憶では今年の諏訪地方では寒九の雨は降らず残念でした。

明るいニュースが少ない世の中が慈しみの雨で一掃されたらいいのに、と願わずにはいられない思いですが、皆様にお会いできますことを心待ちにしております。

It rains and solidifies

Baby写真館 あおぞらトピックス